民旅.netの活用事例

民泊運営にプラスアルファ

ここ数年、すごいスピードで伸びてきている民泊業界。

お部屋を提供されるホスト様も、お部屋に泊まられるゲスト様も増え、徐々に一般的なものとして根付いてきています。

しかし、近年近隣住民とのトラブルなどの関係か法的な面が見直される事が繰り返されています。

運営しにくくなった民泊

民泊を運営されているホストの方であれば、先日発表された緩和を目的とした民泊の新法を懸念されている方も多いかと思います。

緩和を目的」としながら、結果的にホスト様を縛り付ける形になっていると感じられているはずです。

運営していくには、今後少し不安とどのように広げていくのかを考える必要がでてきました。

それでも利用者は増えている

民泊は、まだまだ期待されている面も多いため利用を望むお客様はこれからも増える事が予想されます。

しかし、これからどうなるか不安な点や、またビジネス規模を拡大していくには莫大に費用のかかる「部屋」を用意しなければならないなど、ビジネスの拡大が難しいようにも見えます。

民泊運営にプラスアルファ

そこで、民旅.netを導入していただきたいのです。

実は、民泊と民旅はとても相性がよく民泊を運営するホスト様に特におすすめのサービスです。

民泊は、宿泊を提供するサービスですが、そのついでに「体験」を提供するのです。

実は、以前からゲスト様(宿泊者様)との接点を大切にされるホスト様は、こういった取り組みを

サービス」で取り入れられていました。

例えば、泊まりに来られたゲスト様に、希望をつのって、近くの観光スポットを案内したり

手料理を振舞ったりというサービスです。

民泊の魅力は、ただ人の家に宿泊するという点だけでなく、「人と関わる」という点も魅力として

含まれています。

しかし、これらはあくまで、「好意」で行われていたものになりますので、これを正式なサービスとして

民旅.netを利用することにより、売上アップだけでなく、お客様へ特別な体験の提供が可能です。

 

「あなたにしか提供できない」ツアー

例えば、海の見える街で民泊のホストをされていたとします。そこで、

地元カフェマスターが教える海の見えるカフェ3選」というツアーを民旅.netで掲載します。

民泊ホストさんのプラスアルファツアー
  民泊 海の見えるカフェ3選(民旅)
費用 10,000円 4,000円
用意するもの お部屋 特になし

アメニティ

シーツなど

宿泊にかかる一式

部屋の所有者であることから、地域に詳しいという方も少なくないはずです。

地域に詳しい強みを使ってあなたしか知らない地元の魅力を紹介していただきます。

民泊でお部屋を貸すとなると、清掃を行ったり、シーツを用意したりアメニティを揃えたりと

何かと費用も時間もかかります。

そもそもお部屋を借りるところからとなると、とても費用がかかります。

しかし、民旅の場合、「案内」が商品となりますので、ホスト様に用意いただくものは

あまり無い場合が多いのです。

旅行で訪れられたお客様は、その土地の魅力を知ろうという方が多いですが、

ガイドブックに載せられている内容はどこも同じだったりします。

そこで、あなたしかしらない街の魅力を伝えることで、ホストさんもゲスト様も

双方にとってメリットのあるサービスとなります。