民旅.netの活用事例

売上の上がるシーズンにさらなる売上

こちらの例は、ケーキや焼き菓子を扱う街の洋菓子店様の例になります。

一般的に、ケーキや焼き菓子は誕生日などのお祝い時に利用されるので、

知名度とお店の信頼があれば、ある程度安定しているケースが多いかと思います。

洋菓子店様の年に一回大きく売上の上がるシーズンと言えば、バレンタインデーが

あげられるのではないでしょうか?

数を配る目的でバレンタインデーのチョコレートなどを購入される場合、

洋菓子店様を多く利用されるかと思います。

本命チョコ目的のお客様も引き込む

では、バレンタインデーの「本命チョコ」などはどうでしょうか?

一般的に、手作りでお渡しするというケースが多いのではないでしょうか。

このプランは、「洋菓子店が教えるプロのバレンタインチョコレート教室」

という今までのお料理教室をプロが教えてくれるというものになります。

洋菓子店が教えるプロのバレンタインチョコレート教室
売上/月 平均客単価 5,000円
一月のお客様数 20名
稼働日数 20日
月の平均売上 2,000,000円
費用/月 原価 80,000円
人件費(社員一名) 0円
家賃 0円
水光熱費 0円
その他 0円
費用合計 80,000円
営業利益 1,920,000円

こちらの特徴は、「バレンタインチョコを購入しない層」の獲得という点が目立っていますが、

チョコレートを作る教室というのは、基本的にお料理教室というのが一般的な認識になります。

洋菓子店が直接教えてくれるということは、お客様にとって大切な人への贈り物をプロ並みの物をお渡しする。

ということになりますので、お客様にとっても大変嬉しいサービスになります。

また、こういった洋菓子店が直接教えてくれるサービスは大変少なくなりますので、

年に一回特定のシーズンに多くのお客様を望むことができます。

メディアに取り上げられるような新商品が開発されない限り、昨年対比でみても大幅に増収というのが

難しいかもしれませんが、こういった新しい層の取り込みを行うことで、大きな成果が望めます。

また、店舗の資産・人員を活用することで少ないコストで成果をあげることができます。