民旅.netの魅力

シェアリングエコノミーの魅力
 

シェアリングエコノミーという言葉はご存知でしょうか?

こちらは、今お持ちになられていて使われていない資産や時間を有効活用するというのが基本となっています。

有名なところでは、民泊などが挙げられます。

民泊は、一般的には、お持ちの住まいで使っていない場所を提供し、お金に変える仕組みです。

このシェアリングエコノミーは、民泊だけでなく様々な箇所で有効活用できます。

例えばカルチャー教室などの場合、一般的に多いのが6ヶ月分の月謝を払って週一回通うケースです。

この教室のメリットとして、最初にまとめて売上が舞い込んでくる点です。

しかし、例えば、最初に募集期間を設けてみんなで一緒にスタートを切る教室の場合、

一度募集を締め切ると次の募集まで売上の増加は望めません。

例えば、一週間に一回開催されている教室の場合、平日でしたら残りの4日間は売上が

望めません。

民旅.netを利用すればこの空き時間を利用して、売上をあげることができます。

洋裁教室様のご活用例

繁忙期と閑散期の差が激しいというのは様々な業界で、起こっています。

例えば飲食店などでは「ニッパチ」、2月と8月が暇になるとされています。

8月の閑散期はお盆帰省などが影響して暇になるとされています。

しかし、一方でアクティビティ会社様はこの8月が最大の繁忙期だったりします。

お客様は、この時期「体験・旅行」を利用されているのです。

こういった特性も踏まえて通常利用のお客様の獲得とは別に

「体験利用」としてのお客様の獲得を図ることで繁忙期と閑散期の差を慣らすことが

可能です。

→洋菓子店のご活用例

教室や個人ガイドさんの場合、有料の広告や雑誌、ポータルサイトなどに掲載する方が多い

かもしれません。

当然、それを求めて調べられているお客様ですので、成約率は高くなります。

しかし、サイトや雑誌が得意とするユーザー層は実はかなり限られています。

例えば、習い事などの教室の場合のポータルサイトは20-30代の日中ご利用される

女性に限定されており、掲載しているすべてのお店でその層を取り合っています

こうなってくると、特殊な教室を行っていない限り価格競争になってしまうケースが

多くなります。

そんな時、民旅.netは効果を発揮します。

民旅.netの対象となるユーザー様は、「アクティブ」なユーザーとなります。

そこには、年齢も性別も関係ありません。

今まで、20-30代の女性にしか来ていただけていないお料理教室が

「仕事帰りのお父さん」を対象にすれば、時間がかぶらずに全く新いお客様の

獲得につなげることが可能です。

→お料理教室様のご試算例

例えば、想像してみてください。

ご自身が焼きたてのパン教室に通おうと思ったとき、知っているお店や有名なお店の味が出せたらな〜と

思いませんか?

同様に、どうせDIYを習おうとか体験しようと思うなら、おしゃれなデザイン事務所とか

有名なお店で習いたいところですよね。

でも、実際にそれを行っている店舗さんは結構少ないのです。

専門店が専門の体験を提供することは、お客様に喜んでもらえるだけでなく、口コミになりやすいという

特性があります。

湯葉エステを行っているサロンは、一度も広告を打ったことはないのに、全国からお客様が

集まるそうです。

それは、誰もやっていなかったので、メディアが常に取り上げてくれていたそう。

同様に、専門性の高い知識や経験をユーザーに体験として提供することで、必然的に口コミや

メディアへの露出が高まることになります。

→さらに口コミが発生する仕組み

 

自由度の高い掲載ができる民旅.net